アマラの瞑想的つぶやき

湘南の風にのせて

DNAの中からのメッセージ

f:id:bohamar:20201230133108j:plain

大切な人の命日に、墓参りに行ってきた。

先に逝ってしまった人に対して、
私は何をしてあげられたのだろうか。

その人が苦しんでいるたびに笑顔になってもらいたくて、
自分の決定権まで渡してしまっていた、、
それなのに、私より先に逝ってしまった。

残された私は、このまま生きていってよいのだろうか、、
私は幸せになってよいのだろうか、、

そこが、ヒューマンデザインを学ぶスタートラインだった。

私が私であるために、本来の生きる道に気づくために、

ヒューマンデザインのツールを使うことが始まった。

自分を生きることが、大切な人だけでなく

私が今、ここに至るまでに長きに渡って受け継いできた

DNAを浄化し

癒していくことができると思った。