アマラの瞑想的つぶやき

湘南の風にのせて

ヒューマンデザインとの出会い

f:id:bohamar:20201221115310j:plain

友人がリーディングを受けて、人生の大きな転機を迎えて変化していくのを見ていた。

 

何を聞いてきたのか気になったが、人生について何がわかるのだろうと、

その時はまだヒューマンデザインに気持ちが向かなかった。

それからさらに1年ほど経ち、またヒューマンデザインという言葉が耳に入ってきた。

 

違う知り合いがヒューマンデザインの勉強を始めたとの事で、

私のデザインを教えてくれることになった。

ところが見せてもらったチャートの情報は、自分のものとは全く思えなかった。

「これは私ではありません」とスルーしてしまった。

 

その後も、さらに詳しい説明をしてくれるのだが、

なぜそれが私のデザインなのか、何度聞いても腑に落ちないのだ、、

 

そして、とうとう自分でヒューマンデザイン講座を受ける決心をした。

全体を知ることで、自分のデザインを理解して役に立てたいと

勉強を始めることになった。

 

最初は、ヒューマンデザインのシステムと情報量の多さに圧倒されたが、

受講者の方達のチャートを見ながら、本人達の話を聞くうちに、

だんだんと整合性が見えてきて、ようやく自分のチャートを受け入れ始めてきた。

 

そして、子どもの頃から、たくさんの条件づけを受けていたことに気づき、

生きづらいと感じていたことに、少しずつ光が当たり始めるようになった。