アマラの瞑想的つぶやき

湘南の風にのせて

意識的に狂う

f:id:bohamar:20190907224449j:plain

知らない間に、自分の中でたくさんの妄想劇場を作り上げている私・・・
ある時は、人から非難されている、かわいそうな自分という設定で、

他人を敵扱いして責めてみたり、かわいそうな自分に入り込んで、

さめざめと泣いてみたり・・・

知り合いからそれを指摘されて、

「もうやめたら?」って真顔で言われてハッとした。

私ったら何をしたかったんだろう・・・?

先日、私が参加している瞑想会で、

意識的に狂ったり、笑ったり、泣いたりして浄化を促す瞑想で、

あえて狂ったように怒ったり、わめいたり、

訳のわからない言葉をしゃべったりしてみたら、

ようやく妄想劇場でヒロイン役を演じている自分が見えてきた・・・

自分の言いたい事を我慢したり、やりたい事を先延ばししたり、

それって怖いからだと思うのだけど、

何もやらない自分を責める代わりに、

他人を責めていたんだって事なんだよね・・・

いい加減、それに気がついて、

もうありのままの自分で前に進もうと、

ようやく思えるようになってきた。

失敗したって、笑われたって、

自分の事を大切に思ってやった事は、

何もやらないより、魂が喜ぶと思う。

瞑想で意識的に狂ったり、怒ったり、いろんな感情を出しながら、

そろそろ妄想劇場に幕を下ろして、

リアルな世界でチャレンジしていきたい。