アマラの瞑想的つぶやき

湘南の風にのせて

私は何と戦っているのか

f:id:bohamar:20201231222901j:plain

時々、訳もなく襲ってくる重苦しい気持ち

自分は役に立たない人間だという思い

何もしてあげることが出来ないという思い

それは自分が無能で役に立たないから、自分は生きている資格がない、

という思いまでに至っていた。

 

しかし、本当にそうなのか、、、

私は自分をだましているのではないか、という想いが降りてきた。

 

もしかしたら、自分は何も出来ないという設定にしておけば、

自分の人生の責任を負わずに済むから、

その分を誰か他の人に肩代わりしてもらう為の、

無意識の口実だったのではないか、、という、

自分で書いていてもコワい裏舞台がちらちらし始めた。

 

それは、遡れば子どもの頃、

親のコントロールから逃れる為に、親の期待から逃れる為に、

自らを「無能者」とすることで、生き延びてきたのではないのだろうか。

 

いつの間にか、「無能で役に立たない私」というキャラクターを

磨き上げて、生きてきてしまったように思えてきた。

 

でも社会に出てから、そのキャラクターを更新しなかったので、悲惨な結果となった。

 

そこで、今度はそのキャラクターを使って、自らが他人をコントロールするという手段に切り替えたのかもしれない。

 

自らが作り上げたキャラクターは、本当はもう必要ないのに、

いつまでそれにしがみついているつもりなのか、、
戦うものなど、もう何もないのにね。

 

私の学んだヒューマンデザインによると、唯一無二の本来のデザインがあり、

この世において特別な目的があるとのこと。

内なる世界へと、新たな旅が始まった。