アマラの瞑想的つぶやき

湘南の風にのせて

ご先祖さまから受け継いだもの

f:id:bohamar:20210106100259j:plain

子どもの頃、家族達は、当たり前のように繰り広げているパターン、

マイルールにどっぷり嵌っていて、

そのルールを「あなたもやりなさいよ」と

無意識のうちに押し付けてきていた。

それが子ども達の為になるのだから、という理由で。

 

それだけではなかった。

自分にも暗示をかけているようで、

時々、自らが作り上げた苦しみの中に、どんどん入っていき

抜けられなくなって、どんでもない状況を繰り広げていた。

 

身近な人達が、そのような状況になっているのを見て、

私は何か、助けてあげられないかと思い、

自分の決定権まで譲り渡してしまっていた。

 

そして、私にも同じようなDNAが受け継がれていて

狂気の中から抜け出せなくなってしまったら、どうしよう、、

そんな恐怖すら感じていた。

 

ずいぶん昔のこととなった今でさえ、

その頃に感じたトラウマのようなものを引きずっている。

 

でも今は、そんな自分の癖にようやく気づきの光が当たり始めた。

 

ご先祖さまから受け継いだものに一つずつ、気づきの光を当て

自分を癒し、必要のなくなったものを手放していくことが

自分のためだけでなく、受け継がれてきたDNAの痛みを癒すことでもある。

 

ヒューマンデザインシステムを学び、遺伝子からの情報を読み解くことで

自分の本質を取り戻すための道のりが始まった。